自然環境に触れあえる、緑化の推進と

心身ともに健やかに過ごせる街へ

mv_01.jpg mv_02.jpg mv_03.jpg

自然環境に触れあえる、緑化の推進と

心身ともに健やかに過ごせる街へ

mv_01.jpg mv_02.jpg mv_03.jpg

 

 総合体育館と総合グラウンド(陸上競技場)の入館時の健康チェック(検温)方法が一部変わります

新型コロナウイルス感染拡大防止を目的として、総合体育館と総合グラウンド(陸上競技場)への入館時には健康チェックシートの提出と検温の実施について、ご協力をいただいていますが、令和212月10日よりAI検温器(サーモグラフィー)を設置いたしましたので、検温方法を変更します。
また、10名以上の団体で入館する際の入館時に提出する健康チェックシートの様式を作成しましたのでご利用願います。また、検温ルールを変更します。
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う利用者の皆さまへのお願いとして、各施設共通の下記事項のご確認をいただき、ご協力の程よろしくお願いいたします。

◎利用者名簿の提出と検温

(1) 個人での利用又は10人未満のグループで総合体育館又は総合グラウンド(陸上競技場)を利用する場合は、現行のとおり個人利用の健康チェックシートを各自が記入し、AI検温器(サーモグラフィー)での検温を受けてください。
(2) 10人以上の団体で体育館所定の様式(団体独自の様式を含む)を利用する場合は、次の事項を遵守してください。
① 当日施設利用する利用者全員の氏名・年齢・住所・電話番号・健康状況等のチェック項目を団体用利用者名簿に記載し、検温係員に提出する。
※健康チャック項目に該当する項目がある場合は、検温以前に施設の利用はできません
※体育館作成の団体利用者リスト様式は、別紙をダウンロードしてください。
② 団体用利用者名簿に記載されたメンバーは、一団となって順番にAI検温器(サーモグラフィー)の検温を受けるように団体責任者は、整理誘導すること。
③ 大会等のために出場選手等を施設利用者として、事前に団体用利用者名簿を作成した場合に、当日に欠席又は変更があった場合は、団体責任者が利用者名簿を変更・訂正の上、検温係員に提出し検温を受けるよう整理誘導すること。
③ 検温で基準体温(37.5度)以上の異常値が出た場合は、施設利用をお断りいたします。

◎利用者の遵守事項

以下の事項に該当する場合は、自主的に利用を見合わせてください。
 (1) 利用者は、利用前に必ず自宅で自主検温を行い37.5度以上の体温の場合は、施設利用をご遠慮願います。
(2) 体調がよくない場合(例:発熱や咳、咽頭痛、倦怠感等の症状がある場合等)
(3) 同居親族等や身近な知人に感染又は濃厚接触が疑われる方がいる場合
(4) 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合

◎感染拡大防止のためにご協力いただきたいこと

(1) こまめな手洗い(30秒以上)を実施すること
(2) 他の利用者、施設管理者スタッフ等とのソーシャルディスタンス(2メートル以上)を確保すること(障害者の誘導や介助を行う場合を除く)  
(3) 利用中に大きな声で会話、応援等をしないこと
(4) 施設利用前後のミーティングにおいても、三密を避けること
(5) 利用終了後新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、施設管理者に対して速やかに陽性者又は濃厚接触者等が発生したことや施設の利用状況等を報告すること
(6) 受付時や着替え時等のスポーツを行っていない際や会話をする際にはマスクを着用すること。
 
個人用様式.xlsx    団体利用名簿様式.xls    Q&A
 

お知らせ

/ Information

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

トピックス

/ Topics